愛らしい姿が魅力のフェレット!飼い方のポイントや注意すべきことを知っておこう

フェレット 飼い方

最近、犬や猫以外のペットとして、フェレットが人気を集めています。可愛らしい顔立ちや胴長のシルエットが印象的なフェレットですが、基本的な性格や飼い方の注意点を知っている人は少ないのではないでしょうか。ここでは、フェレットの特徴や性格をはじめ、飼育グッズや飼い方のポイントなどを解説していきますので、フェレットを飼いたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

最近注目のフェレット!その特徴や性格は?

フェレットの体の特徴

フェレット 飼い方

小さな頭に胴長短足の体、長い尻尾がフェレットの特徴です。体がとても柔らかく、狭い場所でも難なく入り込むことができます。視力はあまり良くないものの、嗅覚は優れており、ニオイを頼りに土の中に隠れた獲物を探し出すこともあるようです。

また、人間には聞き取れない高音域の音を聞くことができるなど聴覚も発達しています。肛門の両脇部分には臭腺があり、縄張りを示したり外敵に襲われたときなどに独特の臭いニオイを放ちます。

MEMO
ただし、ペット用として販売されているフェレットについては、臭腺の除去手術を受けている場合がほとんどです。

寒い地域を原産とするフェレットは、体がふさふさの被毛で覆われており、皮膚も厚くなっています。さらに、汗をかかない動物なので、体の熱をうまく逃がすことができません。暑い夏の時期はとくに注意が必要です。

標準的な体重は、オスで1kg以上、メスで1kg前後となります。フェレットの種類や個体による差はありますが、メスの方が体はやや小さめです。

冬は寒さに備えて皮下脂肪を蓄えるため、冬は夏よりも3割以上体重が増える場合もあるようです。一般的な寿命は約6~11年と言われています。

フェレットの性格

人間と同じように、フェレットにもそれぞれ個性がありますが、基本的には活発でとても好奇心旺盛です。遊ぶことが大好きで、人間とも積極的にコミュニケーションを取って遊びに誘うほどです。

テレビなどの家具の裏や洋服の中など、ありとあらゆる場所を自分の遊び場にしてしまいます。また、怖いもの知らずですぐに脱走しようとするなど、冒険心も強いです。

好奇心や冒険心が旺盛なフェレットですが、その反面、飽きっぽい一面や臆病な一面が見られることもあり、そこがフェレットの面白さのひとつになっています。

フェレットの飼い方について

フェレットを飼うために必要となるグッズについて説明していきます。

飼育に必要なもの

ケージ

フェレット 飼い方

フェレットの脱走を防止するためにも、網目が縦筋で間隔の狭いものがおすすめです。また、フェレットがぶつかっても怪我をしにくいように、網に弾力性があるとなお良いです。

床面積が広いケージの方が、活発なフェレットにとって生活しやすいうえ、ケージ内にトイレなどの置き場所も確保しやすいでしょう。すのこが備え付けてある場合には、足を挟んでしまう恐れがあるので外しておいた方が安心です。

脱走を防ぐためにバネ式扉になっています。床はすのこではなく平坦になっているので、フェレットが足を引っかけてしまう心配もなく、日頃のお手入れも簡単です。

ケージ内もフェレットが余裕で2頭入れるほど広いため、トイレを設置しても十分なスペースが確保できます。フェレットを飼い始めの初心者の方におすすめのケージです。

基本的に、餌にはフェレット専用フードを用意してあげましょう。フェレットは肉食動物で、主に動物性たんぱく質・動物性脂肪から栄養を摂取します。

犬や猫と比べると腸が短いため、消化に時間のかかる繊維質は摂りすぎないように注意しましょう。大量に摂取した場合、消化不良を起こしかねません。

大切なのは、フェレットが消化吸収しやすい餌を与えてあげることです。肉類を主原料とするフェレット専用フードであれば、フェレットに必要な栄養素がしっかりと含まれていることに加え、消化吸収のしやすさにも配慮しているため、安心して与えることができます。フェレットの体質や年齢に合ったフードを選んであげるようにしましょう。

フェレット専用フードには外国製のものも多いですが、こちらは国産品です。全年齢対応で、より消化吸収しやすくするために、原料にビール酵母や酵素などを使用しています。国内製造のため欠品リスクが少ないことも安心できるポイントです。

餌入れ

フェレットにひっくり返されないよう、陶器製などある程度重みのある餌入れが良いでしょう。直径10cm、深さが3cmほどあるものだと、食事中に餌がこぼれにくくおすすめです。

直径が11cm、深さが4cmあるため餌がこぼれにくく、材質も陶器で重量感があるので、フェレットが足をかけてもひっくり返りにくくなっています。フードの量が分かりやすいように、お皿の内側にはメモリが付いています。

水入れ・給水器

フェレットは一日に何度も水分補給をします。そのため、いつでも新鮮な水が飲める環境を整えてあげる必要があります。水をこぼされるのが心配な場合は、ボトルタイプのものを選ぶと良いでしょう。

300mlほど入るものであれば一日分は持ちます。飲み口の先は1cmほどの太さがあると、フェレットにかじられる心配が少なくなります。

350mlの水を入れることができます。形状もフラットなのでケージにフィットし、省スペースで簡単に取り付けることができます。

トイレ

フェレットは角の部分で排泄する習性があります。三角形のトイレだとうまく体が収まらず、他の場所で排泄してしまう場合が多いようです。そのため、フェレットの体がすっぽりと収まるような、奥行と高さのある四角い形状のトイレを選んであげると良いでしょう。

先ほどおすすめのケージとして紹介した、SANKO ワイルドホーム フェレットにぴったり収まるサイズのトイレです。ケージに固定できるため、ひっくり返されたり、位置をずらされたりする心配がありません。大きめのサイズでフェレットの体がきちんとトイレの中に収まるため、トイレでの排泄が成功しやすいようですよ。

トイレ砂

掃除の簡単さやコストパフォーマンスなど、トイレ砂を選ぶポイントはさまざまです。しかし、一番に考えてほしいのは、フェレットにとって安全なものかどうかということです。水分を含むと固まるタイプのトイレ砂は、掃除は楽ですが、万が一フェレットが誤飲してしまった場合に、お腹の中で固まって詰まってしまう恐れがあります。

また、木のチップなどはアレルギーの原因になる可能性があります。フェレットの安全のためにも、このようなトイレ砂は避けた方が無難でしょう。

おすすめなのは、再生紙系のトイレ砂です。水分を含むと砂がポロポロと崩れていくため、誤飲してもお腹の中で詰まる心配がありません。

▶︎Amazon

リサイクル新聞紙を使用しているトイレ砂です。吸収力に優れていることに加え、古紙の粉に重曹が含まれているため消臭効果も期待できます。化学薬品不使用のため、フェレットが万が一食べてしまっても安心です。

敷き布

ケージの床には布を敷いてあげると良いでしょう。そのままだと足が滑りやすく、体から出る脂分で汚れやすくなってしまいます。また、敷き布が体の脂分を拭き取ってくれることで、毛並みが良くなり臭いを軽減する効果も期待できます。

敷き布はいらなくなったタオルなどでも十分ですが、下記のようなケージ用マットカバーを用意してあげてもよいでしょう。

汚れが落ちやすく、耐久性にも優れています。また、ケージに固定するための紐が付いているため、フェレットがいたずらをしてもずれにくくなっています。

ハンモックなどの寝具

フェレット 飼い方

フェレットは体を丸められる場所だと安心して眠れるようです。大型ポケットタイプ、トンネルポケットタイプ、サークルタイプなど色々な形状のハンモックがあります。

また、材質もさまざまで、耐久性の高い素材を使用した通年タイプや、通気性の良いメッシュ生地を使用した夏用、フリース生地やボア生地など温かい素材を使用した冬用などがあります。

ハンモックの付け替えが手間という場合には、通年使えるタイプのものがおすすめですが、時期によって季節感を出したい場合などは、夏用・冬用をそれぞれ用意してあげるとよいでしょう。通年使用可能なハンモックでは、下記がおすすめです。

大型ポケットタイプのハンモックで、カラーバリエーションも豊富なのが嬉しいところです。素材には、鞄にも使われるほど丈夫なキャンバス生地が使われています。耐久性・通気性に優れているだけでなく、天然繊維のみを使用しているため、使い続けるほどに味わい深くなっていくのが特徴です。

おもちゃ

フェレットは好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなので、おもちゃをあげるととても喜びます。おもちゃを購入する際には、品質が良くて安全なものを選んであげるようにしましょう。どんなものを選べばよいか分からない場合には、まずは下記のような、多くのフェレットに愛用されている人気のおもちゃを用意してみてはいかがでしょうか。

狭い所に潜り込むのが得意なフェレットは、トンネル好きな子も多いようです。トンネルの直径は10cmで、フェレットの体にフィットしやすいサイズになっています。

長さは20cmから最大で80cmまで伸縮でき、複数個繋げるとトンネルの拡張も可能です。他のトンネルタイプの商品と比べると低価格なので、お試しで購入しやすい点もポイントですね。

フェレットにしつけは必要?

フェレット 飼い方

フェレットを飼い始めたら最初に行ないたいのがトイレのしつけです。フェレットは角の部分で排泄する習性があるため、この習性を利用してトイレをしつけていきます。

まず、フェレットの体がすっぽりと入る大きさの四角いトイレをケージの隅に設置します。トイレの中で排泄するように覚えさせるために、初めのうちはトイレの中にいくつか糞を置いておくようにします。

また、餌が置いてある場所や寝床には排泄しないため、ケージ内の他の隅の部分に餌入れや寝具を置いておくのもひとつの手です。

ケージから出して部屋の中で遊ばせる際にも、まずはトイレでの排泄を済ませてから外に出してあげるようにすると、トイレ以外の場所で排泄してしまうという失敗を減らすことができます。フェレットがトイレに慣れるまで、根気よく覚えさせていきましょう。

フェレットに必要なお手入れとは

毎日のお手入れ

ケージ内の掃除は毎日行なって、フェレットが快適に過ごせる環境を整えるようにしましょう。梅雨時期など、湿度が高くなる季節にはカビが発生することもあるため、隅々まできれいにしておくようにしてください。

定期的なお手入れ

フェレット 飼い方

フェレットは耳ダニが発生しやすいため、耳掃除は毎週行なうようにしましょう。耳をこすりつけるなど痒そうな仕草が見られる場合には、早めに動物病院に連れて行くようにしてください。

また、室内で過ごしていると、どうしても爪がすり減りにくくなってしまうため、爪切りも毎週行なった方がよいでしょう。爪が伸びすぎると怪我の原因にもなりかねません。

さらに、フェレットの体を清潔に保つためにも、月に一度ほどはシャンプーで洗ってあげるようにしましょう。定期的にシャンプーをしてあげないと、臭いが酷くなるだけでなく、毛穴に詰まった汚れが原因で新しい毛が生えてこない恐れがあります。

注意
ただし、頻繁に洗いすぎると余計に臭いがきつくなってしまうため気をつけましょう。

年に2回ある換毛期には、多くの毛が生え替わるため抜け毛が大量に発生します。体を舐めた際に抜け毛を飲み込んでしまっても、猫のように吐き出すことができないため、丁寧にブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげる必要があります。

また、フェレットはジステンパーにかかる恐れがあるため、年に一度のジステンパー予防接種は必ず受けさせるようにしましょう。また、5月ごろから12月頃までの蚊の出る季節には、フィラリアにも注意する必要があるため、

注意
この時期には毎月フィラリア予防薬を投与するようにします。具体的な予防期間は地域ごとに異なる場合があるので、よく確認するようにしてください。

フェレットの種類とは?初めて飼う人におすすめなのはどんなフェレット?

現在国内で販売されているフェレットのうち、9割以上は海外輸入となっています。フェレットの繁殖場は「ファーム」と呼ばれています。「マーシャル」「カナディアン」「パスバレー」「マウンテンビュー」「ルビー」などが代表的なファームとして知られています。

各ファームごとに、ペットとして飼育するのに適したフェレットになるよう改良がなされてきたため、フェレットの特徴や性質などはファームごとに異なっています。以下に、それぞれのフェレットの種類についてです。

マーシャルフェレット

フェレット 飼い方

マーシャルフェレットは、日本でも見かけることの多い種類です。比較的ほっそりした体をしており、体重は0.8~1.5kgほどになります。おとなしい子が多く、噛み癖も少ないと言われているため、フェレットを初めて飼う人にもおすすめです。耳に入れ墨が入っているのが特徴です。

カナディアンフェレット

フェレット 飼い方

体は全体的にがっちりと筋肉質で、丸い顔をしており、耳に入れ墨があるのが特徴です。体重は1.0~1.8kgほどで、オスの場合はとくに体が大きくなりやすいようです。自己主張がはっきりとしているためしつけがしにくく、噛み癖も強い子が多いため、初めてフェレットを飼う人には向かないでしょう。寿命は4~8年ほどで、他のフェレットよりも短い傾向にあります。

パスバレーフェレット

フェレット 飼い方

しっかりとした体格とずんぐりした丸い顔が特徴で、体重は0.8~1.5kgほどになります。子どもの頃は噛み癖が少々気になる種類ではありますが、性格は比較的おとなしいと言われています。病気にもかかりにくいため、健康で長生きする傾向があるようです。「パスバレー」はいくつかあるファームの中でも最大の繁殖場であるため、入荷も安定している点がポイントです。

マウンテンビューフェレット

フェレット 飼い方

がっちりとした丸みを帯びた体が特徴で、体重は0.8~1.5kgほどになります。性格は温厚で人懐っこく、噛み癖も少ないためフェレット初心者におすすめです。

ルビーフェレット

フェレット 飼い方

パスバレーフェレットと他のフェレットの掛け合わせで生まれたのが、このルビーフェレットになります。日本ではほとんど見かけることのない種類です。

幼少期から体つきは全体的にしっかりとしており、顔が丸いのが特徴です。体重は0.8~1.5kgほどで、毛並みが非常に美しいことでも知られています。

MEMO
ただし、もともとペット用に繁殖されたフェレットではないため人に懐きにくく、噛み癖も強い傾向があるため、初心者には向かないかもしれません。

フェレットを飼うのって難しい?大変なことと注意すべきポイントについて

フェレット 飼い方

フェレットとの生活は楽しいばかりではありません。フェレットを飼う大変さや、飼い方の注意点をしっかりと理解しておきましょう。

フェレットの飼育にはお金がかかる

ペットショップで購入する場合、フェレット自体の値段は安くて20,000円ほど、高くて13万円ほどになります。

出身ファームや被毛の色などで値段に差は出ますが、犬や猫よりも低価格で購入できる場合が多いと言えます。

注意
しかし、注意しなければならないのは、飼い始めたあとです。フェレットは、半数以上の個体が、一生のうちに何らかのガンを患う恐れがあると言われているほど、病気にかかりやすい動物なのです。

そのため、実はフェレットの飼育において一番出費がかさむのは「医療費」だと言われています。実際に手術が必要となった場合には、数万円から数十万円の手術費用がかかります。

また、この他にも、病気の予防・早期発見のために、予防接種や定期健診を受けさせる必要があります。病気予防や治療のための費用を払えるだけの十分な経済的余裕があるかどうかを、フェレットを飼う前にしっかりと判断するようにしてください。

室温や湿度に気をつけなければならない

フェレットは寒さには比較的強いと言われていますが、暑さには弱いので気をつける必要があります。汗腺が未発達で、汗をかいて体温調節することができないため、温度が32℃以上になると耐えることができません。

とくに、真夏はエアコンをつけていないとすぐに室温が上昇して熱中症になってしまう危険が高いため要注意です。また、季節を問わず、ケージを置く場所も直射日光が当たらない所を選んであげるようにしてください。

MEMO
フェレットにとって最適な温度は15~24℃、湿度は40~60%と言われています。この温度・湿度を保って、フェレットが快適に過ごせる環境を整えてあげましょう。

照明時間のバランスにも要注意

フェレット 飼い方

照明時間のバランスもフェレットの健康に関わってくるので気をつけてあげる必要があります。とくに、明るい時間の割合は内分泌系への影響が大きいと言われています。理想的なバランスとしては、明るい時間・暗い時間とも12時間ずつで飼育していくのが良いようです。

病気にかかりやすい

先ほども説明した通り、フェレットは病気にかかりやすい動物です。耳ダニなどの寄生虫が発生したり、副腎疾患やインスリノーマなどの内臓の病気にもかかる恐れがあります。

また、4歳ぐらいになると、皮脂腺腫や、脊索腫、リンパ腫などの腫瘍の発生も多くなります。定期健診を受けるなどして、小さな不調でも見逃さないようにすることが大切です。

噛み癖がつきやすい

個体や種類にもよりますが、多くのフェレットは噛み癖があります。とくに、電気コードなどの配線類を噛んでしまうと、感電する恐れがあるため気をつけなければなりません。

ただし、噛み癖はしつけで直すことが可能です。指などを噛まれたり、噛んではいけないものを噛んでいるところを見つけたら、すぐに叱るようにしましょう。また、噛んでしまう理由をきちんと理解し、できる限り対処してあげることが重要です。

ニオイについて

フェレットの特徴のところでも説明した通り、ペットショップで販売されているフェレットは、基本的に臭腺の除去手術を受けています。そのため、臭腺から放たれるニオイの心配はほとんどないと考えてよいでしょう。

しかし、他の動物と同様、フェレットにも独特の体臭があるため、ニオイが気になってきたらシャンプーをしてあげるようにしましょう。

MEMO
体臭が酷いからといってシャンプーをしすぎると、余計にニオイを強めてしまう可能性があるため、くれぐれも洗いすぎには注意しましょう。シャンプーの頻度は月に一度ほどを目安にしてください。

脱走に注意

体の柔軟性が非常に高いフェレットは、狭い隙間でも難なく潜り込むことができます。部屋で遊ばせる際などは、ケージから出す前に、窓やドアの隙間がないかをよく確認するようにしましょう。うっかり窓からベランダに出てしまうと、落下事故に繋がる恐れがあります。

フェレットを診てくれる獣医師が少ない

フェレットは病気にかかりやすい動物であるにもかかわらず、フェレットを診察できる獣医師は少ないのが現状です。フェレットを飼い始めたら、健康であっても定期健診や予防接種などが必要になってくるため、家から通院できる範囲にフェレットを診察できる動物病院があるかどうかは必ず確認しておくようにしましょう。

一人暮らしでもフェレットは飼えるの?

フェレット 飼い方

結論から言うと、一人暮らしでもフェレットを飼うことは可能です。ただし、フェレットを飼い始めたら、当然ですがお世話にそれなりの時間を取られることになります。フェレットのストレスが溜まらないように、しっかりと遊んであげる必要もあります。

そのため、一人暮らしの場合などは、仕事後の飲みの誘いや友人との付き合いを断らなければならない場面が出てくるかもしれません。ペットシッターを頼めなかったり、フェレットを信頼して預けられる人が周りにいない場合には、旅行に行くのも制限される可能性があります。

もし、一人暮らしでフェレットを飼いたいと考えているのであれば、時間や行動にそれなりの制約ができるということをきちんと理解したうえで、今一度飼えるかどうかの判断をするようにしてください。

愛くるしいフェレットを最高のパートナーに!

可愛らしい顔立ちに、好奇心旺盛で人懐っこいフェレットは、ペットとしての魅力に溢れた動物です。そんなフェレットと一緒に暮らしたいと考える人も多いかもしれません。

ただし、ペットを飼うということは、当然ながら大きな責任が伴います。ペットの健康管理をきちんと行ない、その命を守っていく必要があります。そのことを理解し、万全の準備をしたうえでフェレットを迎え入れてあげるようにしてください。

とくに、初めてフェレットを飼う場合は、フェレットの生態や飼育方法についてしっかりと勉強することが重要です。たくさん遊んで、一緒に楽しい時間を共有しているうちに、フェレットはきっと最高のパートナーになってくれることでしょう。